非モテ女子は劣等感を感じる位が良い

非モテの劣等感を無くす方法は有る

最初の一歩を知れば意外と簡単


どうせ自分は非モテだからと劣等感を感じる。でも空気を読まずに恥ずかしい行動をするよりマシです。

 

むしろ「劣等感を感じる」位がちょうど良いのです。そして、その劣等感を上手く利用すれば大丈夫です。

 

美女に劣等感を感じる必要は無い

余りにも美女だと男は声を掛けにくい。変に意識して男は尻込みしちゃいます。気軽に話せないのです。

 

それでもアタックするのは遊び慣れた男か、自分が見えてない男です。だから美女に劣等感を感じる必要は無いです。

 

居心地の良い相手を求めている

多くの男性は見た目だけの女性なんて求めてないです。一緒にいて気が合う、居心地が良い異性を求めています。

 

欠点をみせる事に敏感になり過ぎない

非モテの劣等感から「バカにされないか」「嫌われないか」と意識し過ぎて、異性の前だと普段の自分では無くなる。

 

それだと男性は何も分からないので距離が縮まらない悪循環。男性は一緒にいて何となく気が合う女性を求めています。

 

少し位は欠点を見せるべき

むしろ少し位は欠点が有った方が親しみが沸いて良い位。非モテの劣等感を隠すより、普段の自分を出すのが大事です。

 

非モテの劣等感を上手く飼いならす

そうは言っても急には、非モテの劣等感が消えないと思います。だから、劣等感と上手く付き合い、飼いならすのです。

 

なんたって非モテなのだから、最初から無理をしたって仕方がないと開き直ります。「でも今にみていろ」という気持ちです。

 

非モテだから最初のハードルは低い

非モテの劣等感を内に秘めて、簡単な事から始めます。非モテこそ最初のハードルが低いから、最初は簡単なのです。

 

 

非モテだからと劣等感から、卑屈になる必要は無いです。



自ら女性を遠ざけていた自分に気が付く

モテない男は同じ失敗を繰り返す


無意識に「自分から女子を遠ざけている」と以前の私は分かってませんでした。

 

でも居心地が悪いのは実感してました。だから出来る事から対策したのです。

 

職場じゃない所で女友達を作った

会社の女子はどうも躊躇します。だから会社の外で女友達でも作ろう。まあキッカケはどうでも、とにかく行動です。

 

先輩に誘われた趣味の社会人サークルに参加したり、ネットで女友達を作ったりしました。

 

そうすると少しづつ目が覚めて行きます。女子と仲良くなれないのは自分が原因だったと分かって来るのです。

 

普通に話が合う女性もいる

同じ趣味を持つ仲間だと普通に話が合う女性もいます。仲間とワイワイ話していると、普通に盛り上がります。

 

何なら相手に合わせて話せたりもする。そうなると、最初は距離を感じた相手でも、話すと意外と楽しい事も分かるのです。

 

今までは単に非モテ男の劣等感から女子を遠ざけてたのに気付く。女友達として普通に接すれば何て事はないのです。

 

会話をしていれば自然と距離は縮まる

相性の良い相手とは会話していれば、自然と距離が縮まります。逆に合わない相手は世間話くらいの距離感に落ち着く。

 

会話をすれば、自然と適度な距離感に落ち着くのです。女子と会話もしないで、勝手に遠ざけるのはナンセンスでした。

 

自らチャンスを捨てるのはモッタイナイ。非モテ男の私はこんな簡単な事が分かってませんでした。

 

変に意識した自分が間違っていた

そして自分から女子を遠ざけていたのが、間違っていた事に気が付きました。全ての原因は自分自身なのです。

 

別に元キャバ嬢だって普通に話せば良い。女子が何気なく言った事は大きな意味がない世間話だったりするのです。

 

変に異性として意識する必要なんて無いです。女子を目で追わないで普通に話せば良いのです。

 

非モテ男は劣等感から女子を遠ざける

非モテ男の劣等感から、非モテ男は自ら女子を遠ざけている。単純にこれに気が付くと大きいですよ。

 

もう過去の自分にタイムマシーンで教えに行きたい位です。変に異性を意識しないで普通に話せば良いだけ。

 

運命の出会いと言うのは大袈裟だけど、相性の良い相手なんて勝手に沸いて来ますからね。

 

 

分かれば簡単な事なのですが、非モテ男は自分で余計な事をしています。無意識に女子を遠ざける行動は止めたいですね。



全ては出会いの経験値を増やすと分かる

男として成長するチャンス


非モテ男だった私が「自分が間違っていた」と気が付いたのは多くの女友達と話したからです。

最初から女性を何とかしようと思わない。女友達で良いと思えば、女子を意識し過ぎないで済む大事なポイントです。

女友達だって出会いの一つ

普段、女性と出会う機会が少ないと、焦って最初から彼女候補を探します。だから彼女としてダメなタイプは勝手に除外です。

でも、それが間違ってました。異性として意識しないけど、普通に話せる女友達だって大事なのです。経験値を積むのです。

女友達からは女性に関して多くの事を学べます。だから女友達だって出会いの一つとして経験値になるのです。

そもそも出会いが少ないと焦る

普段から異性との出会いが少ないと、たまに異性が現れると彼女候補として考え過ぎてしまいます。

当たり前だけど全ての女性が彼女になる事は無いです。多くの女性と出会うからこそ、特別な関係となる女子がいます。

そして女友達となる女子がいるのも分かって来るのです。だから多くの女性と出会うべき。非モテ男を脱出する近道です。

自分で出会いの機会を作る

社会人の趣味サークルは沢山あります。ランニングなんか誰でも出来るスポーツですし、英会話や料理も好きなら楽しいです。

私は出会いアプリを使い倒したけど、ランニングも密かにハマってたりします。走った後にワイワイと飲むのは楽しいですよ。

とにかく自分から行動すれば出会いの機会は増やせます。劣等感で縮こまっていた昔の自分にこそ教えたい位です。

自分から行動して出会いを作る

学生なんかだとクラスでもバイトでも出会いの機会です。でも社会人は何もしないと、毎日が職場と自宅の往復になります。

そのままでは出会いが増える訳がないです。だから趣味サークルでも出会いアプリでも、出会いの機会を自分で作るのです。

最初はスマホでメッセージ交換して世間話する位の女友達でも十分。今の生活パターンの流れをほんの少しで良いので変えるのです。

女友達が増えれば彼女候補も増える

そうして女友達を増やす事で、気持ちに余裕が出来ます。余裕が出来てこそ、自然と相性の合う彼女候補も出来るのです。

非モテ男は「どうせ俺は非モテ男」と余計な劣等感を持つ。そしてモテない焦りから、自分を守るために余計な事をします。

だから、まずはその悪循環を断ち切るのです。焦る必要なんて無い。流れをほんの少し変えるのが第一歩です。

全ては自分次第で簡単に変わる

と偉そうな事を言えるのは、私自身が非モテ男だったから思う事です。非モテ男の劣等感から、女性を遠ざけていたの私です。

でも自分から少し行動するだけで変わります。少なくても自分から女子を遠ざけるのは、ナンセンスだと気が付いて欲しいです。

焦らないで自分のペースで女友達でも作って、自然体で行けば彼女なんて自然と出来ます。

 

劣等感で変に自分を縛らない。 そうすれば彼女は自然とできて、非モテ男を脱出できるのです。


非モテ男を脱出するために出来る事

モテない男を脱出するのは簡単


非モテ男を脱出するには、女友達を作って場数を踏むのが鉄則です。

 

でも普段から出来る事も有ります。できる事から始めれば良いのです。

 

経験と言っても別人にならなくて良い

いくら経験を積むと言っても、陰キャが180度変わって陽キャにならなくても大丈夫です。

 

可愛い彼女を作って時々は別の女子とも遊びたい位なら今の延長で少し成長する感じです。

 

今より少しずつ成長して行けば良いのです。モテの頂点を極めて超人になりたいなら話は別だけど、そんな必要は無いですよね。

 

嫉妬心は強力なエネルギー

モテる男に嫉妬する。一見するとマイナスなイメージだけど自分次第です。劣等感を感じるのも自分次第です。

 

モテる男がいたら何で奴がモテるか観察です。参考になる振るまいや考え方は積極的に取り入れます。

 

嫉妬心を上手く使えば自分が成長できます。嫉妬心は強力なエネルギーですだからね。

 

女子との会話は普段から磨ける

女子との会話力を磨くには普段から意識して女子に話し掛けます。とにかく経験値がモノをいうからです。

 

  • コンビニの店員
  • 洋服屋さん
  • ご飯屋さん
  • 歯医者の受付

 

話すだけなら無料。練習だと思って話し掛けます。初めは挨拶。慣れたら立ち話くらいは出来ます。

 

会話力を磨けばチャンスを活かせる

女子と仲良くなったのなら食事に行くチャンスも有ります。女子と2人で話すのは大きな経験です。

 

トークが未熟なら良き理解者に撤します。明るく弾けるのが苦手ならオトナの男路線です。

 

初めは女子と2人になるとテンパっていたけど、慣れれば何とかなります。ここでも経験がモノを言うのです。

劣等感から女子を遠ざけていた過去に

ある日、自分が劣等感から女子を遠ざけていただけと気が付きます。自分が成長した証しでも有るから嬉し恥ずかしな気分です。

 

そうそう、職場にいたGカップの可愛い女子は素敵な男性と結婚しましたよ。私も普通に世間話くらいはする関係になりました。

 

自分で壁を作っていたのがバカみたい。今は社外で普通に別のGカップの女子と遊べますしね。ほんの少しの行動が大事なのです。

 

 

こちらのサイトが何か一つでもヒントになると嬉しいです。非モテ男は脱出できますよ。