女性との会話に失敗しないコツ!

女性との会話に失敗しないコツ

モテない男は空回りする


女性との会話を盛り上げようとして、ついつい空回りをしてませんか? 焦って何も考えずに女性と話しても逆効果です。

 

ここは落ちついて、女性との会話で避けるべき「5つの失敗パターン」は何としても避けるべきです。

 

  • 自慢話
  • 説教
  • 質問攻め
  • 知ったかぶり
  • 他人を否定

 

意外と無意識に地雷を踏んでたりします。この失敗パターンを知るのが、女性との会話の最低条件です。

 

逆にここさえ気を付ければ、女性と気持ちよく会話できる。コツをつかめば簡単なんです。

 

 

女性との会話では、余計な事を話すのが致命的な失敗となるのです。



女性との会話の「5つの失敗パターン」

5つのポイントがある


この失敗パターンを避けながら、しっかり対策すればバッチリです。

 

女性との会話で「自慢話」は逆効果

女性に「俺は凄い男だぞ」を見せようと自慢話をしてない? 聞いている方はウンザリです。女性との会話では完全にNGです。

 

自慢話をしている本人は気持ち良い。でも厳しい事を言うと、空気を読まない自慢話は器が小さい証拠なのです。

 

本当に凄い人は謙虚だと、女性は見抜いています。自慢話はむしろ女々しく見えちゃいます。女性に自慢話は完全に逆効果です。

 

距離感を読まない「説教」はウザい

相手の事を思って真剣に説教をすれば心に響きます。でも人間関係が前提。でも親密な関係でない男からの説教はウザいだけです。

 

しかも上から目線で正論を押し付ける。理屈では分かっても、これでは女性が楽しい気分にならないのは当然なのです。

 

説教より女性の話を聞いて共感する方を重視するべき。これから女性との距離を縮めるなら、説教なんて論外なのです。

 

ここで「質問攻め」は取り調べ?

女性との会話で「休みの日は?」「趣味は?」「好きな事は?」と質問攻めでは会話ではなく、取り調べになっちゃいます。

 

ひとつの質問をしたら「それは凄いな!」「それって難しいんでしょ?」など相づちで話を盛り上げるのが大事です。

 

女性に質問をするのは、女性が気持ちよく話せるネタ探し。その流れで会話を盛り上げる方がよっぽど重要です。

 

女性への「知ったかぶり」はバレてる

女性との会話で知ったかぶりをするのはNG。「俺は何でも知っている」との自慢話に聞こえる。自慢話はダメですよね。

 

しかも、その話の内容が浅いと「本当に知ってるかよ?」と嘘つき男にも認定される。ドヤ顔で浅い話は本当に寒いですよ。

 

むしろ少しは知ってる話でも「それ教えて!」とあえて聞く。女性が話したそうな雰囲気を察して、素直に聞く位の方が良いのです。

 

 

女性との会話の「5つの失敗パターン」のうち、残りは1つは特に重要です。



女性との会話で特に重要な失敗パターン

自分は同じ罠に落ちないようにする


最後の失敗パターンはドキっとする人も多いと思います。この失敗パターンは特に気を引き締めて注意するべきです。

 

「他人を否定」するのは最悪パターン

これも器の小さい男に見えるのが、とにかく他人を否定する事。とくに女性の話を遮って否定なんて最悪ですね。

 

上司だったり芸能人だったり、とにかく他人を否定。上から目線の否定は「そういうオマエは何者?」状態なのです。

 

あなたが特別な存在でない限り、自分の事を棚に上げて、誰かを否定するのは最高にカッコ悪いと女性は思うはずです。

 

誰かを否定するのは意外と簡単

対象が上司でも芸能人でも誰かを叩くのは簡単です。結果論で正論をいえば「誰かを叩く」のは実に簡単な事なのです。

 

むしろ世間で否定されている人の「意外と良い所」「ここだけは認める所」をあえて肯定する位の余裕が欲しいですね。

 

でも女性が話題の人を叩くのを見ても静観するべし。こういう場面では女性に控えめに共感する配慮は大事なのです。

 

「無関心」なら話かけて欲しくない

これは女性との会話とは言えないので番外編の失敗パターンです。

 

女性が話しているのに「ふ〜ん...」とか「へぇ〜...」とか低いテンションで無関心な態度を取るのがダメなんです。

 

確実に女性に嫌われるNGポイント。本人はクールな男のつもりでも、女性に無関心な最低男に見えるだけ。女性に合わせる余裕も無いように思われます。

 

無関心でクールな態度が許されるのはイケメンだけです。普通の男では、女性に無関心な態度は許されないのです。

 

女性との会話では全力で関心を示す

女性との会話では、控えめなリアクションで相手に無関心なのは失礼になります。

 

特にお酒を飲んでいる時は、テンションが高めな位がちょうど良いです。関心を持っている事は態度で示すのです。

 

全力で会話を楽しむ

高いテンションで相づちを打つ。 たまに突っ込みを入れて、積極的に女性との会話を楽しむと良いですよ。

 

本来、女性は男性に比べて会話スキルが高いのが当たり前です。

 

女性に気持ちよく話してもらうには、目の前の女性に全力で関心を示すのが礼儀ですよ。

 

 

男は余計な事を話し過ぎないで、女性に気持ちよく喋って貰うのが良いですね。



女性との会話は他愛のない話が大事

女性との会話は「他愛のない話」が大事


女性との会話のNGパターンは分ったと思います。そうなると、次は地雷を避けつつ会話を盛り上げる方法です。

 

実は女性と2人で会話する時に場を盛り上げようと「面白い話」をする必要は無いのです。

 

本当に「滑らない話」以外は笑えない

親密になると女性は些細な事でも笑う。逆に慣れない仲では安心して笑えない。相当な「滑らない話」じゃないと寒いのです。

 

それに女性はまずは仲良くしたいと思っていて、話の内容はそれ程は気にしないです。

 

最初は女性を無理に笑わせる必要は無いのですよ。最初はとにかく会話を始めたいだけです。

 

「男性の面白い話」を求めてない

少し位は笑えるバカ話をするのは有りです。でも、女性は「面白い話」を沢山聞きたい訳では無いのです。

 

特に男性と二人っきりで会う目的は、男性の話を聞く事では無いですからね。

 

むしろ最初から男が熱く語るのは逆効果ですよ。ドヤ顔で語る男なんて見たくないのです。

 

自分を理解してくれる男性を求めてる

女性は「他愛のない話」をしながら、自分と言う人間を分かって欲しいのですよ。

 

興味が有る男性の事も少しは知りたい場合も有る。でも女性にとって一番は「自分を理解してくれる」事なのです。

 

何より自分を分かって欲しいのが女性。会話のキャッチボールをしながらも、自分を理解してくれる男性を求めています。

 

だから「他愛ない話」が大事

「他愛ない話」の積み重ねはお互いを知るのにピッタリ。特に女性から喋って貰うのが大事なのですよ。

 

男は女性が話しやすい空気を作るのに徹するべし。何てことは無い「他愛ない話」で女性に気持ち良く話して貰う。

 

女性が「他愛のない話」をしながら、気分が良くなってリラックスして貰う。それが男女の距離を縮める事になります。

 

 

他愛ない話で女性は会話したいのです。男はその「他愛のない話」を引き出す事で、女性との距離を縮めるのです。



「他愛ない話」の具体例はこんな感じ

さりげない話が女性には良い


では、ここで実際に使える「他愛ない話」の具体的なネタを説明します。

 

男性から会話のネタを振るのはマナーみたいなもの。実は本当に簡単な事ですよ。

 

何て呼べば良いですか?

最初に「今日は気を使わないで話したいです。何て呼べば良いですか?」で会話を始める。あだ名の話をしても良いですよ。

 

自分がどう呼ばれていたか、女性のあだ名なんかを聞きながら、その場でどう呼んで欲しいかを話しちゃいましょう。

 

最初の掴みとして便利なネタ。正に内容なんてない他愛のない話ですな。

 

料理を頼む時とか料理ネタで話す

好きな食べ物とか苦手な食べ物とか。 「好きな食べ物は? 得意じゃない食べ物は?」なんて簡単に聞けますよね。

 

好きな理由とか苦手な理由を話して貰っても良い。逆に好きな食べ物の話をしても良いですしね。

 

実は内容が有るようで、内容のない会話。でも苦手な食べ物の話って意外と盛り上がるのですよ。

 

お仕事は大変でしょ? それは凄いね

まずは「お仕事は何方面ですか?」から始めて「それは何か大変そうですね」とか繋がりますよね。

 

どんな仕事だって大変な部分は有る。ここで重い愚痴の話はマズイけど、軽い感じで失敗談を話す位なら大丈夫ですよ。

 

特に、自分の仕事を聞かれたら業界話を暴露すると盛り上がります。女子だって自分の業界の暴露話をしたいのです。

 

仮定の話「もし〇〇ならどうする?」

流行りのネタを話しつつ「もし相手が不倫したらどうする?」とか、仮定の話で女性の意見を話して貰います。

 

「もし100万円を拾ったら? じゃあ1万円なら?」とか「もしタイムマシーンが有ったら?」とか話は広がりますよ。

 

最近の芸能ネタを絡めて「あなたならどうします?」なんて手も有ります。

 

ここまで初対面を想定して敬語で例を出したけど、タメ口でも内容は一緒ですよ。

 

 

政治や宗教の話はNGですが「他愛ない話」で女性に喋って貰うのが重要です。



「他愛ない話」は意味が無いのが大事

女性はもっと話したい


ぶっちゃけ「他愛ない話」に意味は無いです。なんて事はない会話ですだからね。

 

そして女性が思う存分に話せてこそ、女性にとっての「楽しい会話」なのですよ。

 

女性は自分を語りたい

会社は男社会なので女性は話を聞く方に回りがち。話を聞かない男が溢れていて、話を聞いてくれる男は少数派です。

 

男の友達でも意外と女性の話を聞いてない。女性だって本当はもっと話したい。もっと話を聞いて欲しいのですよ。

 

会話が下手な男は女性の話を遮る

女性は話したいのに、会話が下手な男は、女性の話を遮って自分が話す。話を横取りされて女性の気分は最悪なのです。

 

男はついつい調子に乗って女性の話を遮ったりする。男は盛り上げてるつもりだけど、女性が話す機会を奪うだけです。

 

話を聞いてないのはバレる

女性が話しているのに、上の空でよそ見をしたり生返事をしたり。話を聞いてないのはバレていて、女性の気分は最悪です。

 

誰だって相手が話を聞いてないと気が付いたらイヤ。特に女性は自分の話を聞いて欲しいのですよ。

 

女性が求める「楽しい会話」を理解

話を聞かない男が余りにも多いです。だから女性の話を聞いてくれるのが、女性にとって「楽しい会話」なのです。

 

女性が話すのが7割で、男が話すのが3割が理想的。女性は話したい。だから女性に気持ち良く語って貰います。

 

女性が自分を理解して欲しい

男は突っ込みを入れたり、適度な質問で女性の話を引き出します。女性に思う存分に話して貰う事で気分が盛り上がるのです。

 

女性は語ることで、この男性は自分を理解してくれると思い「楽しい会話」と感じる。距離が一気に縮まりますよ。

 

 

次に女性の話を引き出す「共感」を説明します。強力なコツですよ。



女性は「共感」を求めてる

女性が求めるのは共感


女性が一番に求めてる「共感」を押さえれば、女性との会話はバッチリです。

 

「共感」には4つのバリエーションが有るのです。

 

  • 賛同で女性の味方になる
  • 賞賛で女性を認める
  • 同情で女性に寄り添う
  • 心配で女性を気遣う

 

賛同で女性の味方になる

「それ分かるよ」「本当にそうだね」「俺もそう思う」と女性に賛同するのも共感。賛同によって女性の味方になります。

 

一緒に女性の立場に立って考える事ができれば賛同なんて簡単。この賛同によって女性は気分良く話せるのですよ。

 

賞賛で女性を認める

「それ凄いね」「いや俺には無理だなぁ」「頑張ったんだね」と女性を認めるのも共感。女性は認められたと感じます。

 

頑張っている女性を素直に称賛します。異性に認められるのは女性にとっても嬉しいのです。

 

同情で女性に寄り添う

「それ大変だよね」「それに耐えたのは凄いな」「辛かったよね」と女性に寄り添うのも共感です。

 

誰だって頑張っている..なんて切り捨てないで、女性の気持ちに寄り添う。同情から称賛に繋いで女性の負担を軽くするのです。

 

心配で女性を気遣う

「それ大丈夫?」「あんまり無理しないでね」「ちょっと心配だなぁ」と女性を気遣うのも共感です。

 

女性は強いので男よりずっと頑張る。これを素直に心配する。実際、女性は頑張り過ぎちゃったりするからね。

 

他愛のない話で共感する

女性との会話は5つのNGパターンを避けます。非モテ男がハマりがちな罠です。

 

  • 自慢話
  • 説教
  • 質問攻め
  • 知ったかぶり
  • 他人を否定

 

そして「他愛のない話」で会話をつないで、女性の話に「共感」するのです。

 

共感する事で女子が楽しい会話に

ちゃんと「共感」すれば女子は安心して本音を吐き出せます。女子はスッキリして女子にとっては楽しい会話になるのです。

 

女性が話すのが7割で、男が話すのが3割が理想的。女性に楽しく語ってもらえば、次のステップが見えてきます。

 

女性には思う存分に語ってもらうのが、女性にとって「楽しい会話」です。