社会人こそ女子大生を彼女にする!

社会人が女子大生を彼女にする理由

大人の男こそ若い女性を落とすチャンスが有る


社会人になって彼女が欲しいなら女子大生を狙うのが良いです。

 

実は社会人の男だからこそ女子大生を口説くのが簡単なのです。

 

この記事を10分ほど読んで頂ければ、社会人の男こそチャンスは大きいのが分かります。

 

この記事で分かる事

  • 社会人こそ女子大生を狙うべき
  • 女子大生を彼女にしやすい理由
  • 女子大生との距離を縮める言葉

 

女子大生は忙しい大人の男が大好き

女子は暇な男が嫌い。「暇だからいつでも良いよ。○○ちゃんに合わせるよ。」なんて男は価値が無い男に見えます。

 

忙しくて充実した大人の男を演出する。女子は「忙しいけど自分には時間を作ってくれる男」にこそ惹かれます。

 

だから、社会人は仕事で忙しいけど、女子大生の彼女に時間を作るスタンス。それで予定を合わせる女子大生より優位に立てます。

 

女子大生は社会人より時間を作れる

女子大生は授業とバイトくらいで、自由な時間が多いです。実際に社会人よりかは自由です。

 

それでも、相手の女子大生にスケジュールを合わせて貰うことで心理的に優位に立てるのです。

 

予定を合わせて努力している女子大生の方なのに、社会人と言うだけで最初から優位に立てるのです。

 

女子大生が相手なら、社会人と言うだけ更に優位に立てる

更に社会経験を積んでいる男と言うだけで、自然と心理的にかなり優位に立てます。

 

社会で日々感じている事を普通に語るだけでも「大人の魅力」になります。そりゃ周りの男子学生よりかは大人です。

 

さりげなく仕事の面白さや社会の厳しさを伝えて、大人の世界を見せるだけ。男子学生にはマネできない技です。

 

社会人だからこそ何気にい話題でも、女子大生の食いつきが本当に良い。別に普通に話すだけ良いので簡単です。

 

女子大生は遊びたい年頃

女子が一番モテるのは25歳前後。ここがピークで20歳前後は意外とお誘いが少ないです。周りの若い男は頼りない。

 

女子大生は遊びたい年頃なのに、同じ年頃の男は誘うのに躊躇してます。だから女子大生は本当に狙い目なのです。

 

女子大生が安心してエロい事も相談できる空気を作るのもオススメ。良き相談相手のポジションは最強ですからね。

 

女子大生にとってもステータスになる

女子大生なら社会人の彼氏と付き合うのもステータス。女子大生は背伸びしたい年頃です。女子大生のプライドを刺激するのです。

 

これ実は大きなポイントで社会人なら最初から女子大生に対して大きな優位が有るので、男の立場が完全に上なのです。

 

最初から優位に立てば、そのまま楽なポジションで付き合うのも良いし、逆に相手の位置まで降りて行くのも自由自在です。

 

 

社会人の場合、女子大生が相手だと意外とメリットが多いのです。



女子大生を口説くには紳士的な大人の男

大人の男には女子大生を落とすコツが有る


いよいよ女子大生を落とす核心。ここでは女子大生を口説くコツを詳しく説明します。

 

とにかく女子大生が相手なら、ポイントを押さえれば簡単です。社会人の男だからこそ楽なのです。

 

大人の余裕を見せる

女子大生の近くにいるのは男子学生が多い。若い男子はガツガツしていて精神年齢も低い。更に最近は草食系で消極的。

 

だから、社会人として余裕のある大人を見せます。特に仕事の楽しさやヤリガイを語るのはポイントが高いです。

 

そして女子大生が何を言っても受け止める。女子大生の悩みなんかも受け止めて、余裕を見せるのがコツです。

 

あえて女子大生の内面を褒める

心の中では女子大生の若さや肌のハリに心を奪われていても、あえて外見には触れずに内面を褒めます。

 

ここは大人の男性として、女子大生には見た目の事を話すのはグッと我慢。ガツガツした男じゃなくて大人の男のポジションを守るのです。

 

洋服のセンスを褒めたり、話しながら頭の回転の良さとか、新鮮な発想力を褒めるのがコツであくまで内面を褒めます。

 

若い女子にも良い所は必ず有るし、実際に若い発想は褒めたい。若いからこそピュアな内面の魅力を褒めるのです。

説教にならないように包容力をみせる

女子大生と話していると若さゆえの足りない点も目に付くはず。食事のちょっとしたマナーや、仕事や勉強への考え方も甘いです。

 

特に地方から出て来た女子大生は洗練からは程遠いはず。でも、ここで余計なアドバイスを言って説教にならないように注意します。

 

あくまで相手の考えや悩みを「気持ちは分るよ」で受け止めることで距離が縮まます。説教ではなく受けとめます。

 

ここでも女子大生の内面の良さをしっかり褒めつつ相手を受け止めるのですよ。

 

社会人の男だから使える言葉がある

そして女子大生だからこそ効果的な必殺の言葉が有ります。これは社会人の男だからこそ使える技です。

 

これは裏技的な要素も有るので、ここぞという時に使います。効果抜群のキーワードです。

 

女子大生を引き寄せる言葉

  • 「〇〇業界の事を何でも話してあげる」
  • 「〇〇業界の裏事情なんかも教えるよ」
  • 「〇〇業界に興味が有る人とは楽しく話せると思う」

 

就職に便宜を図る...までいうと言い過ぎですが、業界話をする位なら大丈夫です。女子大生は興味津々です。

 

実際に業界話と言うのは女子大生を強力に引き寄せる必殺技なのです。

 

女子大生と距離を一気に縮めたい時にこそ効果的な鉄板です。

 

 

実は大人の女性を口説くより女子大生は簡単なのです。



社会人の男が女子大生と出会うには

シンプルに女性と出会う機会を増やす


後は女子大生と出会う機会を増やす。女子大生と話す機会さえ有れば、社会人の男は口説くチャンスが有ります。

でも普通の社会人が女子大生と出会う機会なんて無いです。でも女子だ生と出会う機会は作れます。

出会いアプリが現実的な方法

今の女子大生は普通にスマホを使ってます。そして、女子大生ともなると普通に出会いアプリを使う女子もいます。

スマホが日常の一部なので自然な流れで使う。ここで大人の男性としてアプローチすれば女子大生と出会うのは簡単なことです。

でも少しコツが有ります。ちょっとだけ意識するポイントが有るので説明します。

周りの男はガツガツしているのを利用

マッチングサイトでは多くの男性は女子を口説こうとガツガツしている。女子大生なんて見かけたら尚更です。

若い男は強引な誘いが多いのが普通。だから、あくまで余裕の有る社会人としてアプローチするのです。

「俺は普段は仕事に頑張っているけど、たまには学生さんの話も聞きたいかな」位の感じです。

あえて軽い敬語でアプローチ

多くの男は年下の女子大生をなめて、ガンガンとタメ口で口説こうとする。だから、あえて軽い敬語でアプローチして女子大生を立てます。

年下相手なのに敬語を使うのがポイントなのです。具体的には「〇〇さんは学生さんで勉強に頑張って凄いですね」的な軽い敬語でアプローチです。

年下を相手にあえて敬語です。相手に敬意を払いつつアプローチするのがコツ。これも女子大生には大人の余裕に見えます。

相手に興味を持って貰えれば簡単

女子大生から反応が有れば後は簡単。何回かメッセージ交換をした後「ゆっくり食事でもしながら話しませんか?」と自然に話を進めらます。

だから「〇〇業界に興味が有る人とは楽しく話せると思います」も効果的となるのです。

あくまで好奇心が少し強い大人の男性のイメージで行きましょう。

普通の女性が使う出会いアプリを使う

ここが大事なポイントで、普通の女性が安心して使える出会いアプリを選びます。

女性誌に広告を出したり、渋谷などの繁華街で宣伝カーを出して、慣れ親しんだ出会いアプリです。

やはり女性は警戒心が強いので、女性が安心して使える出会いアプリを選ぶのがコツなのです。

 

女子大生と距離を縮めるなら、キーワードは余裕が有る大人の男性ですよ。


オジサン世代のイメージが上がっている

冷静に状況を見極める


女子大生を口説きたいと思ってるあなたに更に重要な話をひとつ。今はオジサン世代のイメージが上がっています。

 

若い男を見れば負ける気はしないはず

今は草食系男子なんて言われる位で、若い男がどうにも元気が無い。職場にいる若い男も何とも頼りないですよね。

 

もっと粗削りでも良いのにと思うくらいに消極的だったりする。その消極的な姿勢は女性に対しても同じです。

 

そんな若い男には正直いって負ける気はしないよね? 遊びたいはずの女子大生はそういう頼りない男に囲まれている訳ですよ。

 

だから年上の男性の評価が急上昇

女子大生も男子学生をどうにも物足りなく感じている。だから年上の社会人の株が急上昇している訳です。

 

これはオジサン世代にとっても大きなチャンスですね。ここで女子大生を口説かないのはモッタイナイ。

 

社会人の男なら女子大生と遊ぶのが自然なのです。今はそれ位に時代的に大きなチャンスが来てますよ。

 

女性も成熟して来ると、男を見る目も厳しくなってくるので女子大生は狙い目でも有ります。

 

だから今こそ女子大生を落とすべき

チャンスが多い今の時代こそ女子大生を狙うべき。若い女性なら普通にお金も持ってないので、美味しい食事をご馳走すれば喜ぶ。

 

そしてお酒をゆっくり飲みながら、いろいろと語るだけ。普通に話せば社会人の男としての魅力をアピールできちゃいます。

 

実際に社会人なら女子大生と普通に話して間近にみるだけでも楽しいですよ。 自分が学生の頃には分からなかったのにね。

 

 

オジサン世代こそ女子大生を落とす... 今はそういう時代。 チャンスは大きいですよ。



社会人の男だからこそ女子大生を落とす

気になる女性を狙い撃ち


社会人となった今だからこそ、逆に女子大生を落とすチャンスは大きいです。

 

実際に女子大生は看護師さんや保育士さんと並んで口説きやすいですよ。

 

女子大生なら食事だけで大きいので喜んで貰える

女子大生ともなると暇さえあれば遊びたいし、実際に遊んでいる盛りですが、やっぱり遊んでばかりのお金は無いです。

 

でも美味しい食事もしたい... だから女子大生はご馳走に弱いのです。

 

これが社会人の女性が相手ともなると高級な料理を頑張る所だけど、女子大生が相手なら雰囲気の良いお店で十分です。

 

社会人の男と言うだけで優位に立てるのは、女子大生が相手だからこそ

女子大生は18歳から23歳くらい年齢だけど、この位の女性は丁度大人の遊びに憧れる時期でも有ります。

 

周りの男子学生は余りにも子供ですから憧れます。まあ男の大学生なんてホント子供だからね。

 

まあ大人の遊びと言っても、雰囲気の良い食事や、雰囲気の良いバーで十分なのです。

 

女子大生が入れないような店を使えるのが社会人の特権なのです。

 

あえて対等な立場で女子大生と接するのがポイント

年下が相手だとついつい妹的な扱いをしたり、親戚の子供相手のような気持ちになりがち。

 

でも相手を子供に見ると、その気持ちや雰囲気が相手の女子大生に伝わってしまいます。

 

だから女子大生を狙う男も多いのですが、どうしても女子を下に見て強気に出がち。

 

ここでは逆に女子大生に対等にむしろ軽い敬語で紳士的に接して、大人の男性の余裕を見せるのもコツです。

 

女子大生を大人の女性として扱う

ある意味、女子大生が相手でも意識して相手を大人の女性として扱う。

 

社会人からみれば未熟な点はいくらでも有ると思うけど、そこをスルーする。

 

女子大生は大人として扱って欲しい年頃でも有る。だから、あえて大人の女性が相手だと思って扱います。

 

ただ、女子大生がエッチな気分になったのを見逃さないでくだいね。 そこだけ気を付ければ大丈夫です。

 

社会人が女子大生と遊ぶのは有り

社会人の男なら女子大生を口説くのは簡単だし、遊ぶのも難しくはない。 むしろ25歳くらいの女性こそ面倒な年頃です。

 

社会人なら女子大生こそ口説きやすいし、彼女にしても楽しいし、遊ぶのも楽しい。

 

こんなチャンスを活かさないのはモッタイナイ。 社会人こそ女子大生を狙うのは有りですよ。

 

 

女子大生は話していても新鮮な気分になるのも魅力。今こそ女子大生を口説くのは有りですよ。