彼女が欲しいけど自信が無い人は知るべき

彼女が欲しいのに自身がない

非モテ男は自信がない


非モテ男は自信が無さそうに見えます。謙虚な気持ちは大事だけど、謙虚さと自信がない態度は違いますよね。

 

だから自信に満ちた男は女性にモテるのが現実。でも「自信を持った男」になるのは意外と簡単な事から始まります。

 

仕事でも自信に満ちた男は頼りに

自信に満ちた男性には、安心して仕事を頼めます。逆に自信がない感じだと「この人、大丈夫かな?」なんて不安です。

 

同じ能力でも、自信に満ちた男性は男女を問わず人気です。そして仕事とモテる事は繋がります。

 

経験を積む事でさらに自信がつく

自信に満ちた男は人気なので経験を積めます。経験を積む事でさらに自信がつく好循環。仕事をしながら更に成長します。

 

経験によってスキルも向上して、更にそれで自信も付く。これは女性に対応する能力だって同じ。経験が物を言うのです。

 

経験が必要なのは仕事も女性も同じ

経験を積めば仕事だって女性相手のスキルだって上達するのは当たり前。女性に対する能力も高まり上達するのは当然。

 

経験によって女性に接するスキルは確かに向上して、それによって自信も付きます。自然と非モテ男を脱出できますよ。

 

自信がつく好循環に入るのがポイント

最初は誰だって自信がない。だから何とか自信がつくように、好循環に入るのが重要です。ここは仕事も女性も同じです。

 

やっぱり慣れというのは大きいです。経験によってスキルが向上して、自信も付いていく... その流れに乗るのです!

 

 

最初の第一歩が肝心。自信がない男を脱却する一歩がポイントなのです。



自信を付ける方法はシンプル

モテる方法は意外とシンプル


ここで提案する自信を付ける方法はシンプルです。そしてシンプルだけど仕事でも恋愛でも効果は絶大なのは確かです。

 

女性との経験を積む事で自信を付ける

女性との経験を積めば、仕事でも自信が付きます。一見するとアホみたいに見えます。でも、これは本気の提案です。

 

私自身が効果を体感している。まず、女性と距離を縮めるには、その場の空気を読み、二人の距離を詰める対応力は欠かせない。これはビジネスも同じです。

 

ここぞと言う勝負所でホテルに誘う

そして、女性との距離を詰めながら、ここぞと言うタイミングでホテルに誘う。タイミングをみて行動するのが何より重要なのです。

 

ビジネスのクロージングと同じです。相手の気持ちに寄り添い、空気を読んでタイミングを待ち、そっと相手の背中を押す。

 

女性との経験を積む事で自信が付く

そうやって女性との経験値を高めて行くと、自然と自信が付きます。自信がつけば、もっと楽に女性をリードできるのです。

 

その自信は普段の仕事の場面でも自然と発揮します。自然と自信が滲み出て来る。本当に、仕事も当然のように上手く回り始めますよ。

 

 

アホみたいな話ですが、私自身が本当に実感してますよ。男は良い意味で単純なんです。



女性に自信がないと普段も弱気に

自信がない男をにらむ女


女性に相手にされないと自信がないのも当たり前です。「どうせ俺なんてダメダメ」と思っちゃいます。

 

逆に女性を口説けると「俺でもイケる」とか「意外と何とかなる」と気持ちも変わって来ます。

 

その気の女性さえも口説けない

経験が無いとビビッて行動できない。私自身も苦い思い出です。「ホテルに行こう」の一言が出ないのです。

 

女性がその気だとしても一言が出ないのですよ。でも、慣れれば意外と簡単に自信を持って言えます。

 

失敗を恐れて行動できないのは同じ

実は女性も最後の一言を待っています。ビジネスの場面でも相手は一言を待ってたりします。相手との空気を読むのが大事です。

 

その気の女性は待っているのだから、自信を持って一言を出して、相手の背中を押すのが重要なのです。

 

その気の相手を口説くのが自信の元

その気になってない女性を口説くのは無理です。でも、少しでも気持ちが傾いているならチャンスは有ります。

 

そして「誘われればホテルに行くのに」と思っている女子を取りこぼさない。最初に力を入れるのはここです。

 

この「その気になっている相手を口説く」経験を積み重ねるのが自信の元となる。これは本当に実感できますよ。

 

こうして女性を口説くのが自信になるのです。



彼女が欲しいけど男として自信が無い

真面目な男は損をしているかも


誰だって可愛い彼女が欲しい。でも、男として自信が無いので、女性に声を掛ける勇気も出ないのです。

 

自信が無い理由を自分で認める

自分に自信が無い理由はいろいろ。ルックスに自信が無かったり、社交的な性格じゃないから自信が無かったり。

 

でも、不細工な男にも可愛い彼女がいるパターンは有ります。社交的じゃなくても、貧乏でも沢山の愛人がいるなんて事も。

 

芸人の二丁拳銃の小堀さんの実話

売れないのに仕事をしないで遊びまくり。嫁と4人の子供がいるのに家には月に5万円しか入れない。

 

それなのに12人の愛人がいる... 正真正銘のクズ男。これは二丁拳銃の小堀さんの実話です。

 

小堀さんは吉本の不細工ランキングでも上位のルックス。売れてなくて貧乏でも沢山の彼女がいます。

 

自信が無くても彼女を作るヒント

小堀さんは不細工だし、正直な話、そんなに面白いかは...それは人によるけど...要するに売れっ子ではない。

 

でも12人の愛人がいるのだから、ここにヒントが有る。「自信が無い」のは「彼女が出来ない理由では無い」のです。

 

彼女が欲しいのに行動が伴わない

彼女が欲しいなら小堀さんの行動がヒントになります。イケメンでもない非モテ男が、沢山の彼女を作る。

 

ある意味、痛快な話ですよね。ちょっとした行動の積み重ねで、実は大きな差となります。

 

さすがに12人の愛人は多過ぎだけど、普通に彼女が欲しいなら十分に参考になるのです。

 

 

非モテ男でも、彼女を作るコツがここにも有ります。彼女が欲しいなら必見です!



彼女が欲しいならアプローチを増やす

シンプルに女性と出会う機会を増やす


多くの非モテ男は何も行動しない。でも、待っているだけだと何も変わらないのは当たり前です。

 

まずアプローチする女性を増やす

クズ男の小堀さんもファンの女性から、女性スタッフ、後輩の女芸人と多くの女性に声を掛けてます。

 

口説きまくりって訳ではなく、まずは雑談で何て事はない会話。ここに彼女を作るヒントが有ります。

 

多くの女性に声を掛けて「とにかく多くの女性にアプローチ」すること。それには理由も有ります。

 

自分に興味を持たない女性を追わない

普通の女性はもちろんスルー。でも多くの女性に声を掛けていると、中には「クズ男が好きな母性の強い女性」が見つかります。

 

非モテ男は脈のない女性を固執します。逆に「多くの女性の中からあなたに興味を持ってくれる女性だけを追う」のがコツです。

 

自分に興味を持つ女性は必ずいる

小堀さんは周りの女性には、とにかく優しい言葉を掛ける事で有名。これ自体は悪い事じゃないですしね。

 

不細工でお金も無くて、そもそも家族もいるので愛人となってくれる女性を探す。かなり高いハードルのはず。

 

これに比べれば「あなたに興味を持つ女性を探すのなんて簡単」。もちろん魅力的だと思う女性から探すのです。

 

単に多くの女性を口説くのでは無い

多くの女性にアプローチすると言っても、片っ端から女性を口説く訳では無いです。普段は女性との会話で経験を積むだけ。

 

自分に自信が無いのなら、少しづつ進める必要が有ります。一歩一歩を進めて行けば、自然とコツも分かって来ますよ。

 

自分に自信が無いのなら、少しづつ進めて行くのがコツですよ。



女性で経験を積めば仕事も積極的に

意外と簡単な事で大きく変わる


女性との経験と、仕事なんて関係が無いと思いますか? でも実際に体験すると分かる。確かに関係は有ります。

 

三割も成功すれば十分

慎重になり過ぎて行動できない。この気持ちは良く分かります。私も前はそうでした。

 

でもイチローだって三割も打てれば大成功。現実は100発100中で成功なんて人はいないです。

 

もし100発100中なら、相当チャレンジしないで無難に行動してます。チャレンジしてれば失敗は有るはずです。

 

七割の失敗を恐れない

そして多くの男は7割の失敗を恐れて行動できないのです。女性を口説けば、その成功の3割の感覚を実感できます。

 

最初は3割で口説くなんて事も出来ないかも知れない。でも慣れれば打率は上がります。できる事から始めるのがモテるコツ。

 

女性にモテるには経験が必要

自信が有るからモテる。 モテるか自信が有る。 正に、卵が先か鶏が先かの話です。でもモテる男は更に自信を付けてモテるのは確かです。

 

この好循環に入るには最初の一歩が肝心。最初に女性を口説く成功体験をすれば良い方向に転がるので最初が肝心です。

 

とにかく最初の一歩を踏み出す

まずは女性と普通に会話して、普通に楽しく過ごす。この当たり前が出来るのが最初の一歩です。

 

最初から女性を口説こうとしないで、コミュニケーションを楽しむだけです。

 

これなら遠回りと思えても確実にステップアップする方法です。

 

変に力を入れ過ぎないで経験を積むのが、非モテ男を脱出するコツです!

 

失敗を恐れて経験を積めないのはモッタイナイですよ。