早く彼女が欲しい! 解決するには?

早く彼女が欲しいのに失敗するパターン

モテない男は同じ失敗を繰り返す


「早く彼女が欲しい!」と気持ちばかり焦っても彼女は出来ないです。完全に空回りです。

 

彼女が欲しいなら自分の失敗パターンを知るべきです。彼女が作る道筋がハッキリと見えて来ます。

 

この記事で分かる事

  • 彼女が出来ない失敗パターン
  • 女性にアプローチするべき理由
  • 彼女を作ろうとする事で成長

 

その気のない女性に告白して振られる

相手に心の準備ができていないのに、すぐに告白して振られる。確かに気持ちが抑えきれない事も有ります。

 

でも彼女を欲しい気持ちが空回り。でも何回も同じパターンを繰り返しているなら、そろそろ行動を変えないとマズイです。

 

彼女は出来ないのは当然と言えます。私も経験が有るけど、焦って行動してもロクな事が無いのですよ。

 

失敗を恐れて臆病になってしまう

女性から何回も「ごめんない」と言われると次に女性に声を掛けるのが怖くなって来ます。

 

失敗を恐れるあまりに告白どころか声も掛けられない。彼女が欲しいのに女性が何となく苦手になっちゃうのです。

 

本当は女性に興味津々なのに女性と話すのも苦手。変に消極的になるのも損だと分かっているのに苦手なのです。

 

女性に消極的になってしまう

女性と何となく良い雰囲気になっても、そのまま進展もなく自然消滅。いい雰囲気だったのに何も無いから女性が去る。

 

これを繰り返すと、女性と良い雰囲気でも何もアクションを起こせなくなります。何となく躊躇するのです。

 

実は知らない間に少ないチャンスを逃しています。自分で彼女の芽を摘んでいるのです。

 

そもそも自分から行動してない

結構多いのが考え過ぎて男から何も行動してないパターン。もちろん告白もしない。女子との接点が無いです。

 

女友達とでも気心が知れた関係になれればマシです。女性と普通に話せないパターンも有るからです。

 

そうなると女性に対してアクションを取れません。女性との距離を少しずつ縮める事が出来ないのです。

 

失敗パターンから抜け出すのが大事

女性が気になるのに、相手との距離を縮めるため何をすれば分からない。ただ遠くから見ているだけ。

 

この失敗パターンにハマってはマズイです。正に以前のモテない私そのものですよ。

 

でも大丈夫。少しづつ自分の失敗パターンを変えて行けば良いだけ。何とかなります。

 

 

まずは彼女を作る意味を見直してみましょう。 意外と彼女が欲しい理由を自分でも気が付いてないです。



彼女を作ろうとする事で自分が成長

男性として成長するチャンス


彼女が欲しい理由の大きな一つは「エッチしたい」のは事実です。

 

でも彼女が欲しい理由は、それだけでは無いはずです。

 

彼女が欲しいと思うのは自然な事

「素敵な女性から愛されたい」とか「モテたい」と思うのは人生のモチベーションを高める源泉です。

 

しかもエッチも出来ちゃうのだから、 男なら彼女が欲しいのは当然です。彼女が欲しい。ワクワクしたいのです。

 

誰だって彼女とイチャイチャしたい。誰だって彼女が欲しいと思うのは自然な事なのです。

 

恋愛は自分が成長する良いチャンス

彼女を作る事で「自分が魅力的に成長するパワフルな動機」となる。とにかく彼女が欲しいと云う気持ちも大事。

 

彼女を作ろうとするだけでも成長します。魅力的な女性に釣り合うように、自分も魅力的になるように自然と努力します。

 

女性と自然に接する事が出来るのも成長。とにかく恋愛は自分が成長するチャンスでも有るのです。

 

自分の欲望を良い方向に利用

性的な欲望が有るのは自然。欲望に蓋をするのではなく「女性への感謝やリスペクト」 の気持ちで欲望を上手く肯定です。

 

彼女を欲しいと思う気持ちが自分を突き動かす。彼女を作ってイチャイチャしてワクワクするのです。

 

そのために自分も魅力的になるように努力します。 その上で女性と向き合うから、お互いが良い関係になります。

 

 

彼女が欲しい気持ちに素直になって、自分から行動を起こしましょう。



いつも女性は積極的な男を待っている

女性は待っている


女性にとって「優しい男が理想」なんてのは遥か昔から言われ続けてます。

 

でも、優しいだけじゃダメです。本当にモテる男はそれだけじゃないのです。

 

優しいだけでなく余裕を持つ

ただ優しいだけの男は頼りない。女性は優しいだけでなく、頼れる男を求めてる。女性から見て頼れる男が良いのです。

 

女性から見て頼れる男とは「余裕の有る態度」を持つ男。それは一人の女性に執着しないことです。

 

まだ付き合ってもないのに、一人の女性に執着すると上手く行かない。余裕が無くて自信が無いのが見えてしまうからです。

 

一人の女性に執着しないのがコツ

余裕を持つ男になるコツが有ります。彼女候補を何人か作って、同時並行でアプローチ。本当に気持ちに余裕が出来ます。

 

  • 複数の女性に同時並行アプローチ
  • この女性は特別では無いと思う
  • 俺の方から女性を選ぶ心構え

 

こうすれば女性の前で動揺しない。自然と余裕ができて非モテ男を脱出できる。女性を選ぶ側に回るのです。

 

彼女が欲しいなら男性から行動する

女性は自分から動くのは大変なので、積極的に行動する男性を待っている。男性からのアプローチはやっぱり嬉しいです。

 

異性にアプローチすると言う役割を男性が担当するべき。早く彼女が欲しいなら、できる事を少しでも行動します。

 

当たり前だけど自分から行動した男だけが彼女を作れるのが現実です。待っているだけでは彼女を作れないのです。

 

 

彼女候補であれば何人いても問題はないです。一緒に食事をしたり飲みに行く女友達を作るのです。



彼女を作るには多くの女性にアプローチ

本当はモテたいのに諦めている


これは別に身の周りの女性を片っ端からデートに誘うと言う事では無い。とにかくナンパしろなんて事でも無い。

 

でも自分と相性の良い女性は、多くの彼女候補の女性の中から探します。シンプルだけど早く彼女を作るコツです。

 

彼女が欲しいのに何もしないのは無理

ダイエットしたい! でも食事制限は嫌だ。運動は面倒くさい。お酒は自由に飲む。なんて事をしてませんか?

 

彼女が欲しいのに何もしないのは同じ事です。でも今の自分を180度変えろって話でもないのです。

 

大事なのは今のモテない生活パターンを少し変えること。少しで良いので流れを変えるのが大事なのです。

 

出会いを求めて多くがネットを活用

今は出会いを求めてネットを使うだけでなく、将来の本気のパートナーを探すのにもネットを活用している時代。

 

多くの人は今のままでは出会いなんて無いと気が付いています。

 

同じ生活パターンを繰り返して、新しい出会いを求めるのには無理が有ると気が付いています。

 

彼女が欲しいなら出会いアプリを使う

何と言ってもスマホの爆発的な普及で、マッチングサイトや恋活サイトを使う女性が普通になりました。

 

普通の男性の方は逆にビビッてしまって新しい事にチャレンジできてない。ネットなら多くの女性と出会えます。

 

多くの女性の中から相性の良い女性を探せば良いのです。それにはネットを活用するのが簡単なのは当たり前です。

 

ネットは最初のキッカケに過ぎない

ネットでの出会いはメッセージ交換で始まります。そしてメッセージ交換で感じが良い女性は実際に会っても話が合います。

 

逆にメッセージ交換でイマイチだと会ってもイマイチ。ネットでの出会いは最初のキッカケに過ぎないのです。

 

ネットを活用すれば、複数の女性に同時並行アプローチが簡単にできます。余裕を持って女性にアプローチできるのです。

 

彼女が欲しいからこそ女友達を探す

多くの男性がガツガツと彼女を探してます。だからこそ逆に女友達を探す位の気持ちで出会いアプリを使うのが良いです。

 

彼女候補の女友達を増やしながら、気の合う女性を探す。だから相性の良い彼女が見つかるのです。

 

早く彼女が欲しいなら逆に女友達を増やす位の気持ちで行く。最初から彼女を作ろうと頑張るより簡単ですよ。

 

普通の男なら女友達からが現実的なんです。 何と言っても間口が広いですからね。



彼女が欲しいなら最後の詰めも大事

女性は構って欲しい


多くの女性と会っていると、何となく雰囲気の良い女子にも出会えます。

 

そうなったら、彼女が欲しいなら最後の詰めが必要なのです。

 

まず行ける女子の雰囲気を察知する

何回かデートをすると、この娘となら行けるかもと感じる瞬間が有る。歩いていても妙に相手との距離が近かったり。

 

そして一緒にいるだけで楽しい気分になったり、逆に本当に心が落ち着いてリラックスできたり。

 

何となく居心地が良いなら告白して彼女を作るチャンスなのです。

 

告白のための舞台を整える

やっばり告白するならデートの最後が自然ですね。そうなると時間としては夜。夜は女性の気持ちがリラックスします。

 

昼間に思いっきりアクティブなデートならギャップも有るので更にリラックスします。

 

デートの仕上げに景色の良い場所や、雰囲気の良いバーに行くのです。

 

食事を済ませておくのは重要

デートの仕上げに告白と言う場合、食事は必ず済ます。お腹が空いていては女性は落ち着かないので、リラックス効果が減る。

 

告白してから食事なんて事はダメです。ちゃんと食事をしてお腹も気持ちも落ち着いてから告白するのです。

 

準備を整えれば彼女が出来る成功率もグッと上がります。ちょっとしたコツだけど流れは大事です。

 

ハッキリとシンプルに告白する

告白となっても焦る事はないです。伝えたいのは、自分が相手を好きだという気持ちと、付き合って欲しいという意思です。

 

ついつい相手の魅力を話したくなるけど、そこは手短に最小限にします。

 

伝えるのは、あくまで自分の気持ち。自分の気持ちをシンプルにストレートに話すのです。

 

告白する気持ちで無いなら

逆に相手の女性に告白する気持ちが沸き上がって来ないなら、相手の女性は彼女となる対象では無いです。

 

彼女が欲しいなら最後の詰めは必要だけど、そこまでの意欲が沸かないなら話は別です。

 

まだ告白するタイミングで無いのかも。彼女が欲しいなら焦らず理想の相手を探したいですね。

 

彼女が欲しいと思うなら、最後の詰めも自然と行動できますよ。



まだ彼女を作るタイミングじゃない

本当はモテたいのに諦めている


自分は「まだ彼女を作るタイミングでは無い」と思ってませんか? そう思うのは簡単なことです。

 

でも、このページに辿り着いたあなたは現実を薄々と気が付いているはずです。

 

どの年代だって男は余っている

男は30代でも40代でも独身なんて普通。焦る必要は無いなんて思ってるはずです。

 

でも40代を過ぎて生涯のパートナーを見つけられるのは、ほんの一握りなのが現実。高収入の男性が圧倒的に有利。

 

こんな事を言うと、女性は男の収入しか見てないように思えるかも。でも、これは仕方がない理由も有るのです。

 

女性は短期決戦で男を選別する

将来を考える女性は現実を直視して相手を選びます。特に女性は少しでも早く相手を探したくて焦っています。

 

子供が欲しい女性には現実的なタイムリミットも有りすま。それに男性の職業や年収を気にするのは自然なこと。

 

そして損切りも驚くほどに早いのも女性ばかりを責められない。でも彼女を探している男性にはキツイ現実です。

 

それなら男は本命と遊びの両方を追求

じゃあ男はどうするかと言うと、本命の彼女と遊びのワンナイトの両方を追求。経験する事で男として成長できます。

 

将来のパートナー探しに焦っているマジな女子もいれば、現実としてワンナイトで遊ぶ女子もいます。

 

両方のタイプの女子を知ると良いです。いろんな女子を知った方が本当に自分が好きなタイプが分かって来ます。

早く彼女が欲しいと思うのは良い

とにかく早く彼女が欲しいと思うのは良いこと。何か自分から行動しようと思うはず。待っていても仕方が無いです。

 

ここは自分から行動するからこそ彼女ができる現実を知るべき。今のまま彼女を作ろうと頑張っていれば、きっと良い事があるはず。

 

何もしなければ何も変わらない。このサイトが何か一つでもヒントになれば嬉しいです。

 

 

やっぱり男は待っているだけだと何も生活は変わらないです。彼女を欲しいと言う気持ちを忘れずにできる事から始めれば変わりますよ。